「大垣市地区センター等施設案内・予約システム」ご利用案内
【1】 「大垣市地区センター等施設案内・予約システム」について
   「大垣市地区センター等施設案内・予約システム」は、インターネットで公共施設<地区センター・まちづくり市民活動支援センター、多目的交流イベントハウス、南部子育て支援センター>の空き情報を照会したり、施設の仮予約をしたりすることができるシステムです。(地区センター、南部子育て支援センターは空き照会のみです。)施設の仮予約を行うには利用者登録が必要です。
【2】 ご利用の流れについて
  
  • 施設利用案内」メニューを選択
    使用したい施設の概要を確認する。
  • 空き照会・予約」メニューを選択
    (1) 空き照会をする
       使用したい施設の空き情報を確認する場合は「施設から検索」、使用したい日に空いている施設を確認する場合は「全施設から検索」を選んでください。
    (2) 仮予約をする  (注)地区センターは空き照会のみです。
       使用したい施設(部屋)を選択。利用者番号とパスワードを入力し仮予約を行ってください(利用者登録が必要)。
    <仮予約とは>
    本システムで予約した状態を意味します。
    仮予約後、施設の受付窓口で本予約の手続きが必要です。
  • 本予約をする
    施設の受付窓口で本予約(使用申請)を行ってください。使用料を支払い、使用許可書の発行を受けてください。
  • 施設を使用する
    それぞれの施設の規則に沿って使用してください。
【3】 利用者登録について
   本システムで施設の仮予約などを行うには利用者登録が必要となります。施設の案内や空き情報の照会には利用者登録の必要はありません。
 
  • 利用者の登録
    「利用者登録申請書」に必要事項を記入し、施設の受付窓口に提出してください。申請書は施設の受付窓口で配付します。
    登録情報は、本システムでご利用いただける施設で適用されますので、施設ごとに登録する必要はありません。
  • 利用者登録の変更
    登録情報に変更があった場合は「利用者登録変更届」に必要事項を記入し、施設の受付窓口に提出してください。変更届は施設の受付窓口で配付します。
  • 利用者登録の廃止
    本システムを利用することがなくなった場合は「利用者登録廃止届」に必要事項を記入し、施設の受付窓口に提出してください。廃止届は施設の受付窓口で配付します。
    廃止届を提出した日以降に仮予約がしてある場合は、利用者情報の廃止を行うことができませんのでご注意ください。
  • 利用者番号・パスワードの忘失
    利用者番号またはパスワードを忘失した場合、施設の受付窓口でお問合せください。
  • 本システムの利用制限
    仮予約後に使用料の支払いが行われず予約無効が大量に生じたり、予約の取消を繰り返したりするなど他の人に迷惑が生じる恐れがあると判断された場合は、利用を制限することがあります。